ANA(全日空)国内線の賢い利用方法

ANAは国際線、国内線ともに国内最大規模を誇る日本の航空会社です。通称は全日空と呼ばれていますが、正式な名称は全日本空輸です。現在はANAホールディングス株式会社の子会社となっています。
このページではそんなANA(全日空)国内線の賢い利用方法をご紹介しています。よかったら参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

ANAを利用したおすすめ格安国内ツアー

ANA(全日空)の国内線で国内旅行をするのであれば、ANAの関連会社が運営している「スカイツアーズ」がおすすめです。
スカイツアーズは、ANAの関連会社としてANAグループ便を利用した全国の旅行商品を全て自社で仕入・企画・造成しています。
ANAグループ便のみを専門に取り扱っているため、安全・安心 ・快適なツアーを可能なかぎりのお得な価格で申込むことができます。

ネット上のホームページからホテルの空室、飛行機の空席状況が確認でき、24時間オンライン予約や見積もりが可能です!
もちろんANA便であれば区間マイル50%のマイルも貯まります。
予約時の便指定・さらに事前座席指定が可能で、レンタカーは免責補償料込になります!
国内旅行を検討している方は、スカイツアーズの商品『マイホリデー』をチェックしてみてください。


>> ANA・全日空で行く 格安国内ツアーはこちら

ANAを利用してマイルをためるには?

ANA(全日空)の国内線を利用する上で魅力的なのが参るがたまることです。入会金・年会費が無料なANAマイレージクラブに入会すれば、飛行機を利用するたびにマイルがたまっていきます。
マイルの溜まり方はカードのランクに応じて変化していきます。カードのランクは一般カード、ゴールドカード、プレミアムカードの3種類におおまかに分けることができます。ランクが大きくなるにつれ、支払う会費なども大きくなりますが、ボーナスマイルやその他の特典などが付与されます。例えば、会員専用に航空機の運賃が割引されたり、空港内店舗や機内販売の割引、ランクに応じた会員限定のイベントなどがあります。
またプリペイド機能やデビッド機能のあるカードを選択して、クレジットカードとしても利用できます。飛行機の利用頻度は少ないけれども、お買い物をすることでマイルがたまっていきます。デビッドカードには付帯保険もついていますよ。
飛行機の利用頻度が高くても低くても、マイルをお得にためて利用したいのであればANAマイレージクラブの活用は必須ですね。

ANA(全日空)の国内線の手荷物について

ANA(全日空)の国内線を利用する時に、いつも困ってしまうのが機内に持ち込める荷物についてです。もちろん制限があるのはわかるのですが、どのような規則があるのか利用するたびに考えてしまうので、覚書としてメモしておきます。
機内に持ち込める荷物は、3辺の合計が115cm以下で総重量10kg以内の手荷物1個だそうです。これに加え、ハンドバック、傘、カメラ、などが許可されているようです。
また飛行機の座席数が100席以下という小型の場合は、持ち込める手荷物は3辺の合計が100cm以下で総重量10kg以内と、少し小さくなるので注意してください。機内で必要なもの、いざという時にすぐに取り出せるものなどしっかり考えて持ち込むようにしたいですね。

機内に持ち込めない荷物は、空港のロビーにある手荷物カウンターに預けます。飛行機の出発時刻の20分前までに預ける必要があります。この時間を守らないと、飛行機を遅らせたり、最悪の場合は搭乗できない可能性も出てきますので、事前の準備は早めに済ますようにしておきましょう。
荷物について不安があるのであれば、出発前に余裕をもって手荷物カウンターなどできちんと確認しておくことをお勧めします。

>> ANA・全日空で行く 格安国内ツアーはこちら