サッカーの「ゴラッソ」ってどんな意味?何語?使い方や意味を解説!

サッカーでよく聞く言葉「ゴラッソ」。ゴラッソ高崎やゴラッソ福岡などサッカーチームにも使われています。
日本語ではないことはわかりますが、英語?ポルトガル語?イタリア語?スペイン語?何語なのでしょうか?
疑問に思ったので、ゴラッソの由来や意味、使い方を調べてみました。

スポンサーリンク

「ゴラッソ」の言語と意味

まず、「ゴラッソ」が何語であるかという問題ですが、スペイン語またはポルトガル語だそうです。
ただし、正式な単語ではなくスラング・俗語で、スペルは「golazo」と書きます。

「ゴラッソ」に意味は、”サッカーの試合にで素晴らしいゴールが決まった”という意味になります。

どうしてそのような意味になったのか由来も調べてみました。
スペイン語の「golazo」は「gol」と「-azo」に分けられます。
「gol」はサッカーのゴール、「-azo」は攻撃、打撃という意味を表します。
その2つの言葉が組み合わさって作られた、新しい言葉(スラング)です。

つまり日本語にすると、
ゴールの攻撃 ⇒ 相手にダメージを与える華麗なゴール
といった感じになるのではないでしょうか。


ゴラッソ

「ゴラッソ」の使い方

サッカーで華麗なゴールを決めた時に叫びましょう。
日本ではサッカーの中継でゴールが決まると「ゴォォォォルゥゥゥゥー!」と実況のアナウンサーが興奮気味に叫びます。
同じようにスペインのサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラの実況中継では、アナウンサーが「ゴラッソォォォゥゥー!」と叫んでいますよ。

また、選手を称賛する時に「ゴラッソ」という言葉を使う場合もあるそうです。
スラングですので、「すごいゴール」が転じて単に「すごい」の意味にも変化しているんですね。

日本ではテレビ番組の「ゴラッソ!セレッソ」や、サッカー新聞「エル・ゴラッソ」(エルゴラ)、ひたち野うしくあるイタリアンレストラン「ゴラッソ」など、チーム名やお店の名前などタイトルの一部として使われることが多いみたいです。
まだ日常会話で「ゴラッソ」という言葉は聞きませんが、その内、”スゴイ!”という意味で”ゴラッソ!”が使われるかもしれませんね。

スポンサーリンク