懐古主義とは何? 意味や類語、連想される表現について

文化的な背景に言及している文章や、対談や討論番組で耳にする言葉「懐古主義」。
懐古主義の読み方は”かいこしゅぎ”ですよね。
何となく意味は分かるのですが、正確なな意味を知りたかったので調べてみました。
ついでに「懐古主義」の類語や連想される表現についてもまとめてみました。

スポンサーリンク

懐古主義の意味

まず「懐古主義」の意味からですが、hatenaワードによると

昔を懐かしむ、過去を美化する傾向や考え。

と説明ありました。
一般的には蔑称として使われるそうです。

簡単に説明すると
「昔はよかったよな~。今では~」
などと文句を言う人のことですよね。
また、昔の習慣や慣例を復活させたり、復活させようとする人や動きが、時代とあっていないものであると判断されるときにも使われます。

「懐古」だけだと、”昔の事をなつかしく思い起こすこと”という意味になります。
これに、”日ごろから持っている意見や主張”を意味する「主義」という単語が加わっています。

ちなみに「懐古」に似た言葉で、同じ読み方の「回顧」という言葉があります。
「回顧」は”過去を振り返る”という意味で、「懐古」の”昔を懐かしむ”という意味とは少しニュアンスが違ってきます。

「懐古主義」と「懐古趣味」の違い

「懐古主義」と似た言葉に「懐古趣味」という表現があります。

「懐古趣味」は、”昔の懐かしいものを集める、または珍しがったり懐かしんで楽しむ”に事をあらわします。
例えば、今では手に入りにくいブリキのおもちゃを収集したり、過去の特定の時代に流行ったファッションを着て楽しむ、などが挙げられます。


懐古主義

「懐古主義」の類語

「懐古主義」の類語、連想される言葉には次のようなものが考えられます。

保守主義

意味:これまでの伝統や慣習、考え方などを尊重して、急激な改革を好まない意見や主張

復古主義

意味:過去の状態や体制を正統であるとし、そこに戻ろうとする考え方

アルカイズム・擬古主義・アーケイズム

意味:用語や形式の点で、(すでにすたれた)古いものを再現したり、まねたりする傾向

連想される言葉

後ろ向き、昔は良かった、現実を直視しない、ノスタルジックな

「懐古主義」のまとめ

「懐古主義」の意味は、”昔を懐かしんで、過去を美化する意見や主張”であることがわかりました。
例えば、戦前の教育をとり入れようとする動きを「懐古主義」と批判したり、現状を嘆いて”昔はよかった~”などと語る人を「懐古主義」と指すなどの使い方があります。
後者の場合は、俗語的に”懐古主義うざい!”などと言われることもあります。

昔を懐かしむ”懐古”だけなら悪い意味ではないのですが、普段からそう考えてるという”主義”が加わることにより、軽蔑や侮辱的な意図が含まれてしまうんですね。

スポンサーリンク