LCCとは何?格安航空券をお得に買う方法

LCCとはサービスを簡素化するなどして効率化をはかり、低価格な航空運賃を実現している格安航空会社のことをいいます。Low-cost carrier(ローコストキャリア)のアルファベットの頭文字をとってLCCと呼ばれています。
この格安航空会社に対してJALやANAといった古くからあるなじみの深い航空会社を一般航空会社と呼びます。
LCCと一般航空会社の違いは、航空券の料金、マイルがたまるかどうか、機内サービスの充実度、飛行機の大きさや機内設備などに現れてきます。またチェックインカウンターの場所も違った場所にあることが多いので注意が必要です。

LCCなどの格安航空券をお得に買う方法

LCCなどの格安航空券をお得に買うには、国内格安航空券の比較・購入ができるサイトが便利です。
このようなサービスサイトでは、LCCも含めた各航空会社の料金を簡単に比較することができますよ。
中でもおすすめなのが「スカイウィンドウ」です。24時間オンライン対応で、コールセンターも365日きちんと稼働しているため安心です。
出発当日ギリギリでも申込みでき、変更可能なチケットが特別に安いため、時間を読みにくい出張や旅行にも最適です。
カード決済や領収書発行にも対応しているので便利ですね。

>> 格安航空券/LCCの比較・予約はこちら
国内格安航空券

国内外の代表的なLCC

ジェットスター・ジャパン

日本国内で路線数とシェア数が最大のLCCです。2011年に三菱商事、JAL、カンタス航空の三社が出費して設立されました。東京・大阪・名古屋・福岡などからでる国内線や国際線の路線数・便数が日本のLCCの中で最多であるため、シェア数は国内LCCの55%となっています。国内線では札幌・沖縄・熊本・大分・松山・高松などの地方空港に発着します。国際線では台北・香港・マニラ・オーストラリア(メルボルン・ケアンズ・ゴールドコースト)などに直接向かうことができます。
安全性でも評価の高いカンタス航空グループの安全基準を採用しているため、安心です。母体となっている会社や安全性などで信頼が高く、人気のLCCとなっています。
また、マスコットの公式キャラクターは名前を「ジェッ太くん」と言い、レッサーパンダがモチーフになっています。

エアアジア

マレーシアの格安航空会社で2001年に設立されたアジアで最大のものとなります。リーズナブルな価格設定が受け入れられ、設立以来、保有飛行機や路線数がどんどん広がています。エアアジアは羽田、成田、関西、新千歳の各空港から登場することができ、アジア全般、オセアニア、サウジアラビアやイランなどに向かうことができます。
BIGポイントプラグラムというマイレージもあり、会員登録すると航空券購入時にポイントが貯まるというシステムになっています。このポイントはエアアジア利用時だけでなく、エアアジアと提携している会社を利用することでも加算されます。そうして貯まったポイントは航空券などと交換できます。
またチェックインカウンターでの混雑を避けたい人向けに、セルフチェックインも用意されており、WEBチェックイン、モバイルチェックイン、キオスクからのチェックインなどが可能です。

>> 格安航空券/LCCの比較・予約はこちら