人気のカフェ、スターバックスのメニューや特徴

イチロー選手がいる大リーグのマリナーズでもおなじみの街シアトルから生まれた、世界最大級のコーヒーのチェーン店スターバックス。
オープン当初はコーヒー豆を専門に販売していましたが、買収やオーナーの交代などにより、街で気軽に専門的なコーヒーが飲めるカフェとして発展してきました。
アメリカ以外でも90カ国以上に展開し、日本でも1996年に銀座に第一号店が誕生しました。2014年には鳥取県にも店舗がオープンし国内の全ての都道府県にスタバができたことで話題になりましたね。
ここではそんなスターバックスの特徴やメニューについてまとめてあります。

スポンサーリンク

ドリンクのカスタマイズも!スターバックスの特徴

スターバックスの店舗によっては、日替わりのコーヒーを飲むこともできます。日替わりを行っている店舗ではレジの横でその日のメニューを確認できます。
とりあえずコーヒーを飲みたいんだけど、メニューが多くてどれにしようか迷ってしまう!といったちょっと優柔不断の方にはもってこいのサービスですね。
また行くお店によってもメニューが異なってきますので、その時に出会うぐうぜんを楽しめます。


⇒ スターバックスのギフトはコチラ
スターバックス

何といっても特徴的なのは注文したドリンクをカスタマイズできることではないでしょうか。熱さを自分好みに変えてもらう、クリームの追加、ミルクをぬいてもらうなどなど。通いなれないうちはカスタマイズするのに勇気がいるかもしれませんが、少しずつ変えていって自分好みのオリジナルコーヒーにしてしまいましょう。コーヒー好きの方のSNSにはカスタマイズの方法がよくアップされているので、それを参考にしてみたり、自分から情報を発信してコーヒーの好みに共感したりされたりというコミュニケーションもうまれますね。メニューにはたくさんの種類がありますが、それをカスタマイズすることによって無限のバリエーションが生まれ、何度通っても飽きがこないといった相乗効果も生まれます。

季節限定や新作もうれしいスタバのメニュー

そんな中でもよく注文される一般的なメニューは、エスプレッソ系のカプチーノやカフェラテや、砕いた氷とコーヒーがブレンドされたフラペチーノになります。もちろん季節や年代によっても注文されるメニューは異なってきますが、初めての方や通って日が浅い方は無難なメニューから挑戦してみるのもいいかもしれません。最近ではフルーツ果汁などコーヒー以外の素材もフラペチーノのに使われるようになってきました。それらのドリンクはコンビニなどでも購入できる場合もありますね。

他のコーヒーショップと比べると店内が広々としてリラックスできるスペースがあるお店が多く、その場所代も含まれているのか、ほかのチェーン店よりもお値段は少し高く感じられます。ただ、落ち着いた雰囲気を味わえるため、値段を気にせずにスターバックスを利用される方も多いようです。
店内では飲み物以外にも食べ物も購入することができます。コーヒーには愛称バツグンのパンやスイーツがショーケースの中に置かれています。フードメニューは、季節限定商品がでるなど、定期的にメニューが変化しているようです。限定商品をお目当てに店に行く方も多いと聞きます。フードの大きさの表示が少し変わっていて、大きいサイズはベンティ、小さいサイズはショートとなります。慣れれば当たり前のように感じますが、初めてだと戸惑うかもしれませんね。
店内が全面禁煙であるのもコーヒーの香りを楽しむには最適ですね。これはアメリカのスタバが発祥でそのまま日本の店舗にも継承されました。そのおかげもあって女性のお客さんも増えていったそうです。
このように魅了あるスターバックス。新作も速いペースで発表されていますので、近くの店舗に足を運んで本格的なコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

⇒ スターバックスのギフトはコチラ