「スマスピ」って何の略語?実はまったく違う2つの意味がありました!

最近ちらほらと聞くようになった「スマスピ」という言葉。
何かの略語であることはわかるのですが、もとの言葉は何でどんな意味があるのでしょうか?

気になって調べてみると、意外なことがわかりました。
まったく違う2つ言葉を略語にすると、両方とも「スマスピ」になってしまうんです!
どんな言葉の略語かさっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

「スマスピ」のもとの言葉

「スマスピ」にのもとの言葉には、別の意味の2つの言葉があるとわかりました。
それは、最近できたものと、少し前からあるものとに分かれます。
最近できた「スマスピ」の方がメジャーだと思いますのでこちらから説明しますね。

「スマスピ」は「スマートスピーカー」の略

最初の「スマスピ」のもとの言葉は、「スマートスピーカー」です。
これは比較的新しい言葉ですので、ご存知の方も多いと思います。

「スマートスピーカー」とは、スピーカーにAI機能が組み込まれていて、声で指示して家電の操作や、情報の検索ができる装置です。
有名なものをあげると

  • Amazon Echo(Amazon製/AIはAlexa)
  • Google Home(Google製/AIはGoogleアシスタント)
  • HomePod(Apple製/AIはSiri)
  • Clova WAVE(LINE製/AIはClova)
  • Invoke(Microsoft製/AIはCortana)

などがあります。

そしてこれらに音声で指示することで、ニュースや音楽を聞く、家電の操作、ネット検索をする、メモなどを記録するなどのことが可能になります。

この「スマートスピーカー」の略の「スマスピ」以外にももう1つ、別の意味の言葉の略が「スマスピ」になっていたんですね。
次の項目では、そちらを見ていきましょう。


スマスピ

「スマスピ」は「SMASH SPIRIT」の略

「スマスピ」と検索した時に、「スマスピ スポーツ」や「スマスピ バドミントン」と表示されたんです。
「スマスピ」は「スマートスピーカー」の略と決めつけてしまっていたので、このワードを見た時”?”となってしまいました。
そこで、調べていくうちに「スマスピ」が「SMASH SPIRIT」の略でもあることが分かったのです。

「SMASH SPIRIT」とは北海道札幌市にあるバドミントンのチーム名だそうです。
創立が2000年4月だそうなので、「スマートスピーカー」よりこちらの「スマスピ」の方が古いことになりますね。
札幌にある”スマスピスポーツ”というスポーツ用品店のチームみたいで、定期的に”スマッシュスピリットカップ”(スマスピカップ)なる大会も主宰されているようです。
知っている方にとっては「スマスピ」と言えば、「スマートスピーカー」ではなく「SMASH SPIRIT」であるのかもしれませんね。

知っているつもりの言葉でも、調べてみると意外なことがわかったりますね♪

スポンサーリンク