「杜撰」の読みは「とせん」?正しい読み方や意味・使い方を解説

「杜撰」という言葉、ちょっと読みにくいですよね。
そのまま読むと「とせん」と読んでしまいがちです。しかし「とせん」という読み方は間違っているんですね。
「杜撰」の正しい読み方は「ずさん」となります。
「ずさん」と聞くとあーなんだそうか!となりますよね。
ここではその「とせん」ではなく「ずさん」、「杜撰」の意味や使い方、類語などについて解説していきいますね。

スポンサーリンク

「杜撰」の意味や由来は?

一般的にに広く使う意味の「杜撰」は、”いいかげんであり間違いが多い事や様子”となります。

また由来をたどると、もう一つの意味が浮かびます。

その由来とは、中国の宋の時代に杜黙(ともく)という人物がおり、この人は詩文を作っていました。
杜黙が作る詩文は定形詩にほとんど当てはまらない、不規則なものだったどうです。
その時代、詩文を作ることを「撰」といったので、「杜黙」(ともく)の「撰」(詩文)で、「杜撰」という言葉になったと言われています。

このことから「杜撰」のもう一つの意味、”詩や文章に文献や出典がはっきりしていないものを書くこと、また書かれた文章”を指します。
こちらの意味は使われても、知っていないとピンと来ないかもしれませんね。

また、同じ由来で、「杜黙詩撰」(ともくしさん/ともくしせん)という四字熟語もあり、こちらも”いい加減なこと”という意味になります。


杜撰工事

「杜撰」の類語や類義語、対義語や反対語など

「杜撰」の類語や類義語は
”いい加減、ええ加減、ミスだらけ、手抜き、等閑、ぞんざい、散漫、粗雑”などが挙げられます。
「杜撰」の類語や対義語は反対語は、
”緻密、綿密、精工、精妙、細密、丹念”などが挙げられます。

ただし、使う文章などにより意味が異なってきますので、その文に当てはまるものを考えるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

「杜撰」の例文・使い方

あいつは杜撰な仕事をするので、もう頼まない方ようにしよう。
杜撰な管理により、大事な書類が紛失してしまった。

このようになります。
「杜撰」は「とせん」と読んでしまいがちですが、難しい漢字なので、一度「ずさん」覚えてしまえば忘れなさそうですね^^